ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
パタヤのカフェ

パタヤでタピオカミルクティーを飲んでみた!【タイ・パタヤ】

日本で社会的ブームになっているタピオカミルクティーをパタヤで飲んでみた。

つい先日、行きつけの若いマッサージ嬢がタピオカミルクティーを飲んでいたので少し貰った。

そのときにどこでタピオカミルクティーが売っているのを聞いて今回行ってみることにした。

場所はソイブッカオ。

いわゆるパタヤ常設市場にあるカフェスタンドになる。

近くには『cafe amazon』があるので目と鼻の先。

パタヤ常設市場でも一番手前の左側。

若い女性が一人で切り盛りしている。椅子などはないためテイクアウト専門店になる。

f:id:pattaya1986:20190708211830j:image

タピオカミルクティー推しのメニューや看板が多い。

今回は一番オーソドックスのタピオカミルクティーを注文。

料金は30バーツ。コーヒー屋台のタイティーがだいたい20バーツが相場なのでタピオカ入りが30バーツは安い。

日本でタピオカミルクティーを飲むと約500円くらいするらしいので5分の1。
f:id:pattaya1986:20190708211903j:image

ここのお店はメニューが豊富で日本語で書いてある

これなら指差しで注文もできる。日本人の客が多いのだろう。

メニューを数えてみるとなんと23種類。
f:id:pattaya1986:20190708211846j:image
f:id:pattaya1986:20190708211824j:image

注文してからものの数分で出来上がり。

これがパタヤの30バーツタピオカミルクティー。

f:id:pattaya1986:20190708211838j:image

ここのカフェスタンドはカップがなく特殊な機械で封するタイプで本格的。

タイティーとは違って氷は入っていなくて薄くなることがないので時間がたっても大丈夫でテイクアウト用に作られてることが分かる。

が、氷は入っていないが冷たくなっている。

肝心の味はというと久しぶりにタピオカを飲んだものあって新鮮味があって美味しかった。ミルクティー自体はまあ普通のよくあるミルクティー。

いつもパタヤではタイティーばっかり飲んでるのでこのカフェスタンドはメニューが23種類と豊富なのでタイティーに飽きてきたときには重宝しそう。

カフェ屋台と違って清潔感があって屋台が苦手な人もここならおすすめ。