ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
パタヤのレストラン

ウォーキングストリート近くにある美味いケバブを紹介。

パタヤはケバブ天国と言っていいほどケバブが充実している。

その中でもウォーキングストリート近くにあって店の中で座りながら美味いケバブを食べれるお店を見つけたので紹介する。

f:id:pattaya1986:20190708203659j:image

そもそもなぜこの店に入ろうかと思ったのだが、友達がたまたまケバブが食べたくてウォーキングストリートからセカンドロードまでに歩く途中にケバブ屋を見つけて、

食べてみたらとても美味いというので私も気になり食べてみることにした。

場所はウォーキングストリートの入口の近く。

ウォーキングストリートからセカンドロードのソウテウ待機場所まで歩く道を通ると必ず通る道になるのでケバブ屋に入ったことはないが、見たことがある人も多いはず。

店主はケバブの職人と言わんとばかりの風格。

むしろ少し怖いくらい。ケバブを食べるだけだが少し謎の緊張。

おそらくトルコ人??トルコ人といえばウォーキングストリートにいる陽気な

アイス売りのトルコ人イメージがあったので陽気な人はアイス、無口な人はケバブをしているかもしれないな。

おっちゃんに注文するのは怖かったので、もう一人いた中年の女性スタッフに頼む。

f:id:pattaya1986:20190708203746j:image

友達がMIXED(ミックス)のケバブが美味しかったの言ってたので

ミックスケバブを注文。

ブッダ的にはミックスというのはチキンと牛肉のミックスだと勝手に勘違いしていたがそれは日本の話らしくて、本場のトルコではラム肉を使ったのがケバブらしい。

右の大きいのがチキンケバブ。左にあるのがラムケバブ。
f:id:pattaya1986:20190708203816j:image

ケバブのメニューは三種類。

チキン80バーツ、ラム100バーツ、ミックス120バーツ。

そのほかにもトルコ料理?みたいなメニューがあった。

というのも、この店は中に10席くらい食事ができるスペースがあるので

ケバブを持ち帰りしてホテルで食べることもできるが、席に座ってその場でゆっくり食事できる。
f:id:pattaya1986:20190708203649j:image

ちょっとしたレストランになっているため、ビールも注文可。

私はビールが苦手なのでセブンアップ(30バーツ)を注文。

f:id:pattaya1986:20190708203737j:image

注文した後にトイレに行きたくなって「トイレある?」って聞くと

トイレはないらしくて隣のバービアで借りてくれとのこと。

隣のバービアはよくトイレ利用されているらしくて

入口にトイレTIP10バーツと記載あり。

でケバブ屋に帰ってみると既に出来上がっていた。

一瞬、色々なソースのチョイスしたりしたいと思ったが完成していたので遅し。

まあ、オーソドックスの味付けにしてくれるだろうと店主の腕に託すことに。
f:id:pattaya1986:20190708203806j:image

食べてみると美味い!!出来立てほやほやといのもあるだろうが、

パンの厚めだがチキンとラムがぎっしり入っているためパンもどんどん食べれる。

ラムも臭みがないし少し塩が効いているためそれがマヨネーズと絡み合っていい味を出している。

ケバブを食べる1時間前にピザを食べたが、なんと完食。

ラムは少し抵抗があったが全然大丈夫。このボリュームで130バーツならあり。

f:id:pattaya1986:20190708203640j:image

店はこじんまりしていて10席ほど、縦長に作られいる。

f:id:pattaya1986:20190708203621j:image

店は狭いが、清潔感がある。

屋台のケバブが苦手な人や抵抗がある人でもここなら問題なし。

壁にメニューが大きく載ってあるため注文もしやすい。
f:id:pattaya1986:20190708203610j:image

パタヤには無数のケバブ屋があるがウォーキングストリート出たすぐにあるため

小腹がすいた帰りに食べたり持ち帰ったりできるので便利。

今回はミックスケバブ120バーツとジュース30バーツ、合計150バーツ。

日本円で約500円。日本で500円でこのケバブを食べれるならファンになるだろう。

ただ店主は不愛想。そこだけは残念。。。