ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
日本でタイ料理を食べる!

自宅でタイティーを作ってみた!

パタヤに行くと必ずと言ってタイティーが飲みたくなる。

それもカフェといった場所ではなくコーヒー屋台で飲みたくなる。

いつもは『アイスタイティー』『ワーン(甘さ)ニッノイ (少し)』

で注文。それでも練乳はこれでもか!というぐらい練乳を入れてくれる。

これが暑いパタヤでは旨くて20バーツと格安。

この味を日本でも作れなかと思って調べてみると、タイティーは簡単に作れることがわかり作ってみることにした。

日本でタイの雰囲気が味わえるのでおすすめ。

今回はパタヤでタイティーの茶を買っていないため、メルカリで購入。

金額は1200円。タイで買うともっと安いはず。

タイではこれが有名らしくて大概のタイティーにはこれが使われているため、実際に作ってみたら自宅でも店の味が出た!

f:id:pattaya1986:20190623120959j:image

今回はティーパック式ではなく濾すタイプ。

実際に作ってみたらティーパックのほうが楽そう。

今度はティーパックも買って帰ろう。
f:id:pattaya1986:20190623121056j:image

タイティーと言えば欠かせないものはたっぷりの練乳。
f:id:pattaya1986:20190623121015j:image

今回はYOU TUBEに作り方の動画があったためそれを参考にした。

200CCの水を沸騰させて大さじ3の茶を投入して5分蒸らす。

色が濃くコーヒーかと思うくらい。

これがあのオレンジ色のタイティーになるのかと不安になる。
f:id:pattaya1986:20190623121042j:image

その間にたっぷりの氷を準備。

ほんとのことを言えばタイみたいに細かい氷が良いが、我慢。
f:id:pattaya1986:20190623121022j:image

お茶を濾すやつも家にあったのでこれで使うことに。
f:id:pattaya1986:20190623121050j:image
f:id:pattaya1986:20190623121028j:image

練乳も入れてみて調整。

ちょっとだけ入れて飲んでみたが、まるでブラックコーヒー。

ガンガン練乳を投入。予想してた二倍の練乳を投入。
f:id:pattaya1986:20190623121008j:image

アローイ!!

が少し濃い!!大さじ3は濃いめだな。
f:id:pattaya1986:20190623121035j:image

目をつぶるとパタヤのブッカオが見えてきたね(笑)

パタヤ病の私は定期的にパタヤに雰囲気に浸らないと心が持たない。

まさに心の薬になるね。安上がりで有難い。

たまにカオマンガイも作るしね。

これで家で作れるタイ料理がカオマンガイ、ガパオにタイティーが加わり満足満足。

またいずれガパオも載せます。