ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
パタヤのホテル

ブッダのタイ・パタヤ旅行、チップ金額を紹介!

今回はタイ旅行の際に日本人が悩むであろうタイのチップ文化について紹介。

日本にチップ文化はないのでタイではこの時はチップを払う、払わなくてもいいなど初めてタイに来た人にはわかりずらい。

現に初めて一緒にタイ旅行に来た友人にはホテルの枕チップとマッサージチップは必ず渡すように教えている。

チップはそんなに高額なものではないので、お互い楽しくタイ旅行をしたいからね!

ブッダ
ブッダ
あくまでもブッダは短期旅行者の目線でチップの金額をあげています。

チップは気持ちとか、相場を上げるなとか、そこはチップを渡すべきだと言う意見があるかもしれないが、なんせか中級パタヤトラベラーなのでご勘弁を

乗り物編

①メーターを使用したタクシー

チップ不要。ただし、端数の小銭とかは貰わずにそのまま渡したほうがスマート。

例)241バーツの請求。250バーツを渡して「おつりはいいよ!」のパターンが多い。もちろんサービスが良かったり、荷物持ちなどしてくれて良ければ300バーツくらい渡すときもある。

②街中で拾ったメーターを使用しない交渉制のタクシー

チップ不要。

③旅行代理店などで予約した空港~パタヤなど

基本的には払わなくてもいいのだろうが、個人的にはいい人で安全運転してくれる人にはチップを渡している。

例)ドンムアン空港~パタヤのホテルが1600バーツなら200バーツくらいをめどに渡す。140キロで爆走してたり、音楽をガンガンに鳴らしてたり、電話ばっかりしている人にはあげないようにしている。

④トゥクトゥク

チップ不要。

➄Grabなど配車アプリでクレジット決算で乗った場合。

チップ不要。

食事編

①サービス料が加算されているレストラン

チップ不要。ただ、ブッダはスタッフのサービスが良ければ別に個人的に手渡し。

ブッダ
ブッダ
パタヤのキングシーフードにてプーパッポンカリーを注文してスタッフにカニの身を取ってもらった時、細かいのがなくて100バーツ渡して凄い喜んでくれたな~

カニを剥いたから手が汚れているので100バーツを胸ポケットに入れる際に触らしてもらったが、もっとチップを入れるなら触っていいよと目で訴えられ最終的には200バーツ以上も胸ポケットに投入したな・・・

②サービス料がないレストランやカフェ

必要。レジにて会計する際はおそらくチップボックスがあるので入れる。

席にて会計するのなら端数、例)15バーツとか20バーツ札一枚置いていくくらい。20バーツ置いてらいいんちゃうかな?

③屋台

チップ不要

ホテル編

①ポーター(荷物を運んでくれる人)

必要。ブッダはいつも20バーツ。

②枕チップ

絶対必要!!高級ホテルは高額チップ、安いホテルはチップ不要とか目にするが、ブッダはどのランクのホテルに泊まっても一律30バーツ~50バーツ。その時の手持ちの小銭とかで適当に。ここで一バーツとかの少額コインは枕チップに。

ブッダ
ブッダ
なんか、チップがないといたずらされたり、掃除がおろそかになったりするのでチップは絶対必要。

タイ人もそれを給料の一部になっているので部屋に入ってチップが無かったらテンション下がるもんね。。。

一度、ベッドの横のスタンドにチップを置いて回収されてない事があったのでベッドの上に置いておいたほうが無難。

マッサージ編

①高級マッサージやスパ、1時間100バーツマッサージ

絶対必要。ブッダは一律して1時間あたり100バーツのチップを渡す。2時間なら200バーツ。

よく1時間200バーツの店は100バーツのチップ、1時間100バーツの店は50バーツとか聞くが、ブッダは一律どの店に入っても1時間100バーツ。

高級店のレッツリラックスとかに入っても同じ。

ただし、痛いといっても優しくしてくれなかったり、おしゃべりばっかりな人は50バーツにしている。

ブッダ
ブッダ
おくまでの個人的な意見。マッサージチップ料金はいろんな意見があるので・・・ただ、1時間当たり100バーツ渡したら間違いないと思っている。

そしてデートしたい子には1時間あたり200バーツ渡して金の力を利用する・・・ふふふ

夜遊び

①バービアやゴーゴーバーの飲み代

必要。おそらくおつりの際にわざとチップを置きやすいように崩して渡されることも多い。
ブッダ的にはドリンク一杯を飲んですぐ帰るなら20バーツで十分。

ドリンクを持ってきてくれる子が楽しかったら50バーツとか100バーツあげてもいい。

ブッダ
ブッダ
個人的にはチップの最低の下限はあるが上限はその人の自由なんで多ければ多いほうがいいと思っている。
5バーツとかなら渡さないほうがいい。失礼にあたる場合があるので少額チップには注意。
バービアとかゴーゴーバーで横に飲んでもらって相手してもらったら最低100バーツは渡すようにしている。

②番外編MP(マッサージパーラー)のチップ料金

チップ不要。

ブッダ
ブッダ
が、ポケトー君のようにオキニに先渡しチップ500バーツ、後で500バーツのサンドイッチチップ作戦をするとかなりサービスが良くなるらしい。
ブッダ
ブッダ
あくまでも個人的なチップ料金をあげてみたが、これが正解というわけではない。参考にしてもらって自分なりのチップを渡したらいいと思う。短期旅行者と在住者とはまた考え方が違うと思うし、ブッダはあくまでも短期旅行者としての意見。

あくまでもチップは気持ちなんで。