ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
パタヤの観光情報

ブッダおすすめパタヤ観光ランキングBest5【タイ・パタヤ】

ブッダが行って良かったと思うパタヤの観光地

特におすすめするベスト5を紹介!

ブッダ
ブッダ
パタヤって夜遊びのイメージが強いが、お昼の観光やアクティビティも充実している。パタヤでは色んな観光したが今回は特にブッダが満足したものをランキングしてみた!

第5位『ワット・プラヤイ(通称・ビッグブッダ)』

 

 

ブッダ
ブッダ
パタヤには大小色々なお寺があると思うが、観光したって思えるのはここがベスト。写真映えもするし、このビッグブッダから見える景色もなかなか良い

MAPで見ると歩いてはいけなくもない距離だが、途中から上り坂がすごいので、歩きや自転車ではおすすめしない。

バイクで行くか車で行きましょう。

セントラルフェスティバルからソウテウをチャーターすると150バーツ前後。

帰りは交渉制のタクシーが居てる事が多い。帰りの言い値はセントラルフェスティバルまで200バーツ。

ちなみに年始にはタイのお守りミサンガをお坊さんから左腕に着けてもらえるし、ご祈祷もしてもらえるので年始のお寺参りはここがベスト。

お布施代は気持ちで料金は決まっていないが、タイ人の人はだいたい50バーツ前後お布施をしてました。

  1. パタヤ中心部から車で15分ほどでアクセルしやすい。
  2. 写真映えするブッダがおおく、そこから見える景色もきれい。
  3. 入場無料でお布施代も20バーツ~とかなり安い
  4. お守りも購入可能。住職から祈祷されているため、お土産屋さんで買うよりご利益があると思う。

 

第4位『ラン島』

 

ポケトー君
ポケトー君
ラン島の海はかなり綺麗でおすすめ!俺はパタヤに来たら絶対に毎回ラン島に行くぐらい大好きや!
ブッダ
ブッダ
ブッダもラン島は結構好きなんやけど、少し時間がかかるのが難点。ただ時間をかけてまで行く価値はあり。海は綺麗だし、バイクをレンタルしてビュースポットやビーチ巡りするのも良し。射撃場もある。

バリハイ桟橋から乗り合いのフェリーでラン島まで片道30バーツ。

時間にして約50分くらい。

ここにバリハイ桟橋とラン島の時刻表が載っています

ビーチロードからスピードボートの貸し切りで言い値は往復2400バーツ前後。

時間にして20分くらい。予算が許すならスピードボード一択。おそらく8人くらいまで乗れるし、料金は変わらない。

予約の必要も時間の制限もないのでビーチロードで直接交渉したらいいので楽。

最初に帰りの時間を言っておくと、その時間にビーチまで迎えに来てくれる。

ブッダ
ブッダ
行きのほうが時間が少しかかり、揺れが凄いので船酔い注意。実際に何人かはバケツの御用達になるのをよく見ている。

Tawaen Beach(タワエン・ビーチ)

ここが一番賑やかなビーチ。ビーチには中国人がかなり居てる。ビーチの後ろにはお土産売り場が充実しているので初心者にはここが一番安心するかも。

 

Samae Beach(セーム・ビーチ)

静かで落ち着いているビーチ。個人的にはこのビーチがおすすめ。

露店などはないがレストランなどは少しあるため、飲み物や食事はビーチチェアで注文可能。

バナナボートやジェットスキー、パラセーリング、シーウォークも体験可能。

ブッダ
ブッダ
バナナボートは安くて楽しかったのでおすすめ。パタヤのパラセーリングは時間短く、高度が低いためおすすめしない。

ジェットスキーは故障詐欺とか聞くのでやらないほうがいいかも。シーウォークは未体験で不明。何かアクティビティをしたかったらバナナボートがおすすめ

 

  1. パタヤビーチとの海の綺麗さは段違い。
  2. バリハイ桟橋から行くと金額は安いが、時間がかかりと疲労感で夜遊びできない可能性があるので予算があるならスピードボートがおすすめ。
  3. バイクのレンタルはデポジットでパスポートが必要だが、お金をデポジットでバイクレンタル可能(ポケトー君いわく)タイの免許を持っていなくても警察が居ないので運転可能だが自己責任で。
  4. 射撃もできる。
  5. 五か所くらいビーチがあるが、距離があるので乗り合いのソウテウかバイクで移動しないといけない。

第3位『サンクチュアリー・オブ・トゥルース』

 

ブッダ
ブッダ
ここは絶対に行っておくべき観光名所。

パタヤで一番写真映えするスポットといっても過言ではない!パタヤでゾウ乗りをするならサンクチュアリー・オブ・トゥルースがおすすめ。

そもそもサンクチュアリー・オブ・トゥルースとは

1981年8月13日より35年以上を費やし、未だ建設が完成せず現在進行形で進められている建築物で、チーク材やハード材等を使用し古典芸術、彫刻、技術保護を目的としています。木造建築の高さ、幅は約100m、総面積は約2,115平方メートル。建築中なのでヘルメットを被っての見学する必要がある。

セントラルフェスティバルから約20分程度。

タクシーかソウテウのチャーターで約200バーツ前後くらい。

入口の入場施設近くにタクシーが待機しているため、200バーツくらいで交渉可能。

入場料金は500バーツ。あくまでも入場料だけなのでゾウに乗るなら別途料金が必要。

  1. サンクチュアリー・オブ・トゥルースとは真実の聖域という意味でアジア各国の宗教や神話が一つに集められた究極の寺院。
  2. 圧巻の建物でアジアのサグラダ・ファミリアと呼ばれるのも納得。
  3. ちょっとした売店はあるがちゃんとしたレストランはない。
  4. なんといっても外部より内部が凄い。500バーツ以上の価値あり。

 

第2位『カーンショー(KAAN SHOW)』

 

 

ブッダ
ブッダ
カーンショーはめちゃくちゃおすすめ!もともと劇が好きなブッダが今まで見た劇で過去一の満足!

といってもそこまで世界中の劇を見ているわけでもないが、

日本のライオンキング

韓国でNANTAとJUNP

マカオのザ ハウス オブ ダンシング ウォーター

くらいだが、カーンショーが一番面白いと思った。

もちろんカーンショーは英語やタイ語が分からなくて理解できる設定になっており、子供だけではなく老若男女問わず楽しめるショーになっている。

ストーリー的には少年が冒険して、仲間を増やしていき、いろいろな怪獣を倒すストーリー。

ブッダ
ブッダ
うまいこと説明できないが、マジに良かった!

参考価格(時期やプロモーションで変動するので参考価格です)

SKY ZONE 1700バーツ
CLOUD ZONE 2000バーツ
OCEAN ZONE 2000バーツ
STAR ZONE 2700バーツ
  1. パタヤによくある観光チケット売り場で手配したらもう少し手配できる。
  2. すぐ近くに湯の森温泉があるので、ショーを見た後は温泉に入るのもあり
  3. 料金は高いが値段以上の満足感あり。
  4. 帰りのタクシーが居てるかわからないので、GRABアプリを入れておくこと。
  5. 施設は清潔で飲み物やお菓子、お土産が購入可能。
  6. 飛び込みでもチケット売り場があるので購入可能。
  7. 個人的には一番安いチケットSKY ZONEで十分だと思う。他のチケットと大差はあまりない。
  8. どちらかと言えば男性向きかも。アクションと映像が融合して全く飽きない。

 

第1位『The Million Years Stone Park & Pattaya Crocodile Farm(ミリオン・イヤーズ・ストーン・パーク&クロコダイル・ファーム)』

 

 

ブッダ
ブッダ
栄えある第1位はミリオン・イヤーズ・ストーン・パーク&クロコダイル・ファーム!ここでは日本では絶対出来なことが出来るので第1位。名前だけで見ればワニだけだと思うが実はトラがおすすめ!

パタヤ中心部から約30分くらい。ソウテウチャーターで350バーツ前後。

帰りはタクシーが居なかったのでスタッフにタクシーを呼んでもらうこともできるがパタヤから離れているため時間がかかる。

観光チケットを扱っているスタンドやお店で送迎込みの予約するのもあり。

入場料は250バーツ。ワニショーの料金も含まれています。

ブッダ
ブッダ
ミリオン・イヤーズ・ストーン・パーク&クロコダイル・ファームですることは三つ!ワニ釣りをして、トラと写真を撮って、ワニショーを見る!
  1. ワニ釣り・ワニショー・トラとの写真がおすすめ!
  2. ワニショーは1時間に1回程度。時間は20分くらいで無料。結構スリルがあってひやひやするので必見。
  3. ワニ釣りは、実際に釣るわけでなく鶏の肉で喰いてくるのを交わして楽しむ遊び。餌代と竿はセットで多分50バーツか100バーツ(失念)
  4. トラとの写真は200バーツ。至近距離でギリギリ噛まれない距離で触ることも可能。飼育員がちょっかいを出すので想像以上に怖い。運が良ければ子供のトラもいるのでミルクをあげることも可能。
  5. 他にはゾウとかキリンに餌をあげることもできる。