パタヤのレストラン

ブッカオ常設市場でぶっかけ飯に初挑戦。まさかの結果に。。。

タイといえばぶっかけ飯。安くて手軽、そして種類が豊富で美味い。そんな情報をよく聞くので初めてぶっかけ飯を挑戦することにした。

が、ブッダのぶっかけ飯初挑戦は苦い思い出になってしまった。

ブッダ
ブッダ
というかもう二度とぶっかけ飯は食べないかもしれない。

今回私が食べたぶっかけ飯屋の場所はよくお聞きするブッカオ常設市場に行くことにした。

というのもよくツイッターで美味いと聞いていたので街中のぶっかけ飯ではなく、

ブッカオ常設市場のぶっかけ飯を食べてみたいと思ったからである。

ブッカオ常設市場にはいくつかのぶっかけ飯屋があるが、私が選んだのは一番奥のほうのぶっかけ飯屋。

特にここを選んだ理由は特になく、なんとなく選んだ。

強いて言えば、この時はぶっかけ飯がとても美味しそうに見えたのである。

この店のママに辛くない料理を教えてもらい2品をチョイス。

おそらく豚肉と卵を一緒に煮詰めた料理と辛くない鳥と茄のグリーンカレー。

それに目玉焼き(10バーツ)も注文。合計60バーツ。

このぶっかけ飯を最初に見た感想は

ブッダ
ブッダ
豚肉の量が少なくねぇ?二個?まあ、美味しいんだろうからマイペンライ!

美味そうだな~っと思って食べてみた感想は・・・

豚肉と卵の煮つけ・・・普通。

目玉焼き・・・普通。

辛くない鳥と茄のグリーンカレー・・・薄味で口に合わず。。。

ごはん・・・硬くて美味くない。。。これは致命的。。。

ブッダ
ブッダ
半分以上残してギブアップ。。。

あくまでもブッダがぶっかけ飯に対するハードルを上げすぎただけかもしれないが、ご飯が本当に不味かった。

おかずもたまたまハズレのおかずに当たったかもしれないが豚肉二個はないだろ。。。

普段はタイ米が嫌いではなく、ご飯の味なんてそこまで分からない私がここまで言うのだから、もしかしたらたまたま不味い日に当たっただけかもしれない。

まあ、どちらにせよ当分ぶっかけ飯は食うことはないだろうな。