パタヤの観光

パタヤでエビ釣り!炭火焼でアロイアロイ!

ブッダが最近一押しで可愛いと思うタイ人YOU TUBERがナシちゃん。

そのナシチャンネルでバンコクでエビ釣りができるとユーチューブでやっていたのでパタヤでもエビ釣り出来たらと思っていたら、親切なフォロワーさんから情報提供していただいたのでポケトー君と一緒に行ってみた。


バンコクでエビ釣り!BTSで行けるエビ釣り堀「ボートックン333บ่อตกกุ้ง333อยู่ใกล้BTSอุดมสุข

場所はここ。

ターミナル21からさらに北に位置する。

今回はかなりローカルな場所で店の名前も分からなかったのでGRABタクシーを使うことに。

もともとティファニーショウで射撃をしていたのでティファニーショウまでGRABで呼んで行くことに。じつはこれがタイでGRABを使用するのが初めて。パタヤでGRABのタクシーなんて少ないと勝手に思い込んでいたが、地図上では結構表示されていた。ものの五分もたたずに到着。

ティファニーショウからエビ釣りまでは200バーツ。そこまで安くない。ジャカルタやったら言い値と全然違うかったがパタヤではそこまで変わらない印象。

f:id:pattaya1986:20190923111654p:image

10分ほどで到着。周りには何もなくパタヤ中心部から少し走るだけで田舎になった。

店名は聞くのを忘れてしまいました。
f:id:pattaya1986:20190923111328j:image

レストランエビ釣り場。向かって右にレストラン。左にエビ釣り場。

f:id:pattaya1986:20190923111259j:image

このときの時間は15時くらいで、先客は4人。すべてタイ人オンリー。

釣り場は30人まで釣ることが出来るため余裕で座ることが出来た。

f:id:pattaya1986:20190923111317j:image

持ち物は手ぶらでオッケー。

竿の仕掛けも、浮きの高さもスタッフが調整してくれるので任せといたら大丈夫。

英語は話すことが出来ないみたいだったけど、いい人でポケトー君のポケトーク使って意思疎通できた。まあ、google翻訳アプリがあれば十分。
f:id:pattaya1986:20190923111357j:image

1人に竿、釣ったエビを入れるカゴ、ハサミ、餌、タオルを準備してくれるので楽。

f:id:pattaya1986:20190923111339j:image
f:id:pattaya1986:20190923111442j:image

最初は手取り足取り教えてくれるので、餌の付け方やポイントもまかせっきり。

泡がぶくぶく出ているスポットに入れること5分くらいで・・・

前のベテランのおばちゃんが『あなた、きてるわよ!!』的なタイ語で話してくるので引き上げてみると。。。

f:id:pattaya1986:20190923111526j:image

釣り上げた!!!

ここは上級者向けと聞いていたので5分もかからず釣り上げたのはビックリ!

オドオドしていたらスタッフが助けてくた。エビから針を抜いてくれた。
f:id:pattaya1986:20190923111248j:image

タイ特有の手長エビ、めっちゃ嬉しかった~!

f:id:pattaya1986:20190923111421j:image

釣り上げたエビはカゴにボチャンと入れる。

もっと釣り上げて仲間一緒にクンパオにしてあげるからな~( *´艸`)

f:id:pattaya1986:20190923111619j:image

飲み物も売っているんでコーラ(20バーツ)を注文。

氷入りの水筒に入れてくれるのでずっと冷えたまま。これはありがたいね。

しかも飲み物もローカル価格。
f:id:pattaya1986:20190923111532j:image

横にレストランもあるため、食事しながら釣りもできるらしい。

一部メニュー紹介。海鮮系の料理が多かったです。

f:id:pattaya1986:20190923111414j:image
f:id:pattaya1986:20190923111542j:image
f:id:pattaya1986:20190923111451j:image

そしてここからポケトー君とブッダの怒涛の当たりが・・・

途中で放流してくれるエビが上手いことつれて、1時間でブッダ3匹。ポケトー君3匹の計6匹を釣り上げることに。

1時間で3匹ずつ連れたのでこれ以上釣れても食べれないので早めに終了することに。

f:id:pattaya1986:20190923111404j:image

エビの料理方法はクンパオ(炭火焼)かクンパッポンカリー(エビのカレー炒め)が出来るらしい。

調理料はクンパオ100バーツ。クンパッポンカリー120バーツ。

今回は初めて来たこともあって炭火焼をしてもらうことに。本当はクンパッポンカリーが食べたかったが・・・

待つこと10分。熱々のクンパオ到着!!

f:id:pattaya1986:20190923111610j:image

焼きたてで手が火傷するくらい熱い。

さっきまで生きていた新鮮なエビはめちゃくちゃアロイ~味噌がまた最高!!

自分が釣り上げたエビはまた格別に美味しく感じるね〜

f:id:pattaya1986:20190923111554j:image

まとめ
エビ釣り料金・・・1人1時間100バーツ(餌、竿すべて込み)

エビ調理料金・・・炭火焼き100バーツ、エビのカレー炒め120バーツ

今回はエビ釣り1時間だったので2人で200バーツ。

調理代は100バーツ。コーラ20バーツ。合計320バーツ。

2人でエビ釣りを楽しんで食事して320バーツなら、なかり値打ちあり。

ただ、私ら2人とタイ人客4でやたらと私らの場所が良かったのか、他の人は1時間で一匹くらいだった。短時間で3匹ずつ釣り上げたのはかなり運が良かっただろう。本当なら2時間くらいは粘る予定だったが想定以上に早く釣れたので早く引き上げたので安かった。

営業時間

平日は14時~24時休日は12時~24時

帰りは周りにはバイタクも何もないのでGRABタクシーを呼ぶ。アベニューまで250バーツ。タイ人の客はみんな自分のバイクで来ているので、ここに来る人はGRABをインストールしておくか、バイクで来たほうがいい。

昼間の時間を潰すには持ってこいなエビ釣り、かなり楽しいしおすすめです!

のどかで周りも何もないので、モバイルバッテリーや本など時間潰すものを一緒に持ってきておくことをおすすめします。