2019年2月パタヤ旅行記

関空からエアアジアでパタヤに行く。 2019年2月パタヤ旅行記➁

前日はパタヤに行けるワクワク感から若干の寝不足。高速を乗り継いで関空へ。

チェックイン、イミグレをなんなくパスして、KIXカードのアンケートを入力してポイント貰うミッションも終了。

関空で飛行機に乗るならKIXカードがめちゃくちゃ役に立つ。

f:id:pattaya1986:20190223172559j:image

駐車場の割引がお得。無料で発行できるのに駐車場料金が25%OFF、さらに海外に行くときに機械でアンケートに答えるとフライトポイントが20ポイント貰えて、40ポイント(実質2回)になると駐車場が24時間無料になるし、飲食店や免税店でも割引になる最強カードである。お持ちじゃない人は関空の2階で発行できます

f:id:pattaya1986:20190223172612j:image

機械のアンケートも3分くらいの簡単なアンケートで場所はウイングシャトルに乗る前の北ウイング側と南ウイング側にあります。

往路はLCCのエアアジア。

f:id:pattaya1986:20190222215824j:image

なるべくコストを下げてパタヤに行く回数を増やそうと思うと、最近はエアアジアかスクート くらいしか乗っていない。久しぶりにタイ航空に乗りたい気持ちがあるが我慢。ましては今回は前日予約したチケットで席の予約すらケチる。席は真ん中の三列シートの真ん中。。。唯一の救いがクワイエットゾーンだが。クワイエットゾーンは子供がいないのと機内が静からしいが、わざわざ座席を有料するまでの価値はないかも。席はやっぱり狭かったが我慢できないこともない感じ。

f:id:pattaya1986:20190222220908j:image

ドンムアン到着後、前日に予約しておいたMR.Tが待っている3番出口で自分のネームプレートを探すが居てない。ちょっとパニックになったが冷静になって、ドライバーがいなければ電話してくれとメールに電話番号が書いてあったのを思い出してTELできたのだが、

事前にamazonでタイのSIMカードを購入していたため、このSIMカードは通話もできるので拙いタイ語で説明したらなんとか伝わる。このSIMはいつもamazonで購入しているが通話もできるし8日間のデータ通信があるので短期旅行者にはありがたいSIMである。値段も540円くらいで現地の空港で買ったら200バーツくらいするんであらかじめ購入しておいたほうが、はやくパタヤに行けるしおすすめなのである。

なわけで、繋がると待っといてくれと、1分後くらいに別の携帯番号から電話があって近くにいるとかかってきて無事に合流。
f:id:pattaya1986:20190222220841j:image

ドンムアンからダイナスティ インまで約2時間とドライバーはかなりスピード出していた。ブッダは少しでも早く着きたいため安全運転より早い方が嬉しいタイプ。無事にチェックインする。

f:id:pattaya1986:20190223172815j:image

夕方5時くらいなのでホテル近くのレストランKISSで激辛ガパオを食べてコンビニに必要なものの買い付けを行う。このKISSのガパオはご飯がハートの形に盛り付けるので食べてみたかったのだ。

これだけセブンで購入しても218バーツ約750円。日本なら2000円くらいはするでしょう。まだまだタイは物価が安いことを再認識できるね。
f:id:pattaya1986:20190222220951j:image

とくにすることもなく、移動の疲れを癒すためにブッカオ北側の100バーツマッサージ群のバナナマッサージへ。タイマッサージとフットマッサージの2時間コースで至福のひとときを過ごす。

マッサージは何時間でも受けれるね。
f:id:pattaya1986:20190222220936j:image

マッサージは2時間で200バーツ+チップ。

このバナナマッサージでは1時間につき50バーツ以上は渡してください的な張り紙が書いてあります。ブッダはよっぽど下手なマッサージや時短されなければ1時間当たり100バーツ渡しているが、これはあくまでも気持ちなんで。

移動の疲れもありソウテウに乗って11時にホテル着。バーの音楽がうるさかったが疲れの方が勝り爆睡。

特に明日なにをすることも考えずにただのんびりパタヤで過ごすスタイルが好きな私である。

1日目終了。