ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
タイ・パタヤ旅行記

ホテル 航空券 タクシー手配 準備編 【2019年2月パタヤ旅行記①】

パタヤに行ける日はある日突然にやってきたのである。

「ブッダ君今日から抜き打ちで検査に入るから、今日のお昼から来週まで休んでいいよ」とありがたいパタヤチャンスが巡ってきたのである。

ある程度は今週から検査休日が入る予感がしていたが、ドンピシャ予想。

そのため、訪パタの準備だけは終わらしていた。

ただ、肝心のエアーとホテルはまだ予約していなかった。その日の午後に家のパソコンから検索すると・・・やっぱりエア高くなっとる。。。いや、パタヤ病の治療のためにはお金を惜しんではいけないし、もうパタヤに行く気持ちになっているので心が引き返せなかったのだ。

エクスペディアから検索すると往路はエアアジアで座席指定なし、受託手荷物なし。復路はスクートで座席指定あり、受託手荷物20キロで予約した。合計約6万円。ホテルもエクスペディアから

ダイナスティ イン パタヤ

を予約、4泊で約18500円1泊あたり4600円。

前日のため普段チェックしているときより1割ほど高いが許容範囲。

エアーとホテルで合計8万也。

ホテル予約はいつもエクスペディアかAGODAで予約しているが、値段だけみるとエクスペディアのほうがすこし安い場合がおおい。ただAGODAはポイントがよく貯まるので、いつもホテルの予約割合はエクスペディア7割AGODA3割くらいになっている。

そして急遽ドンムアン空港からホテルまでのタクシー予約をする。

日系の会社に予約する方法もあったが、予想以上にエアーが高くなったのと、前のパタヤ旅行の時にタクシー予約で返信が早かったのでMr.Tというパタヤのタクシー会社に連絡する。

だいたいメールから2時間ほどしたら返信が来たので安心。料金はドンムアン空港からホテルまで1400バーツでバスに比べれば高いが、短期旅行者にとってドンムアン空港からバス移動はタクシーと比べて3時間ほど変わってくるし、LCCで6時間の後のバスは苦痛である。ブッダはいつも4泊か5泊でパタヤに行くためバスは使わず少しでも時短と体のためタクシー移動である。

これで、すべての準備が終わり、パタヤ旅行の嬉しさで寝ることができずに寝不足になりながら関空に自家用車で行くことになる。

準備編おわり。