ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
上山田温泉旅行記

タイスナックの遊び方【長野県・上山田温泉】

今回はリトルタイと呼ばれる、長野県にある上山田温泉のタイスナックの遊び方を紹介。

実はブッダも長野県にリトルタイランドがあることを知ったのは最近のこと。

コロナの影響でタイに行きたいけど、行けない。けどタイ人と気軽に遊びたいっていう人にはかなりおすすめ!

ブッダ
ブッダ
今回の情報は2020年7月の情報です。

しかも、ブッダ自身は初めて上山田温泉のタイスナックで遊んだため、実際の情報とは少し違うかもしれないので、あくまでも参考程度。上山田温泉のタイスナックで遊びたいけどネットではあまり情報が出てこないのでイメージしてもらえたらと思います。

 

タイスナックの場所

上山田温泉のタイスナックは至る所にある。というより多すぎてどこの店に入っていいか分からないくらいスナックがあり、営業しているかも分からない。

ただ新世界通りにはスナックのママさんが立って呼び込みをしているので、女の子を見せてもらっていい子がいれば飲んだらいい。

メインは新世界通りだが結構散らばってタイスナックがある

ブッダ
ブッダ
呼び込みの女性は韓国人のママが大半で、唯一ボッタクリを心配していたがそれはほぼ無さそうな雰囲気。

フォロワーさんから一部ぼったくりの店もあるとの情報を聞いたので、事前に料金とかは確認したほうが良さそうです!

新世界通りの入口

 

タイスナックの遊び方と料金

タイスナックの営業時間は20時~26

基本は一時間3000円の飲み放題。おそらくどこのタイスナックでも変わりはない。

ただママさんや交渉によっては二時間3000円でいいよと言ってくれる店もあるらしいです。

基本料金は3000円+女の子のワンドリンク一杯につき1000円。

パタヤのゴーゴーバーみたいにテキーラを一瞬で飲んだりすることはないので、比較的料金的にも安いし、安心して飲めると思う。

ブッダが飲んだ時は多分2時間30分くらい居て自分の飲み代が6000円と女の子にドリンク5杯5000円で合計11000円。

ブッダ
ブッダ
ひとつのスナックにだいたい3人~4人くらいのタイ人またはアジア人が居て、外でキャッチをしているママに顔見せしてもらっていい子がいたら入ったらいい。

ママのキャッチもネットで書かれているようなしつこい感じではないので、初めてでも『女の子を見せて!良かったら入る』っていえば大丈夫!

断っても罵倒されたりしないので小心者のブッダでも大丈夫だった!

ただ、個人的に思うのはそこまで嬢がかわいい子がいるわけでもないので、ママさんの人柄で入店するのがいいのかと個人的に思った。

タイスナックのレベルとペイバー料金

ネット情報では居残りタイ人は少ししか居ないと書かれていたが、おそらくタイ人は20人~30人くらいは最低でも居てると思う。

そのほかにも、モンゴル人やラオス人とかもちらほら居たので選ぶには苦にしない印象。

4つのスナックの女の子を見たが意外にもレベルは悪くない。

パタヤで例えるとsoi6やLKレベル。ただ、WSの一軍嬢レベルは居ない。

ブッダ
ブッダ
年齢も20代の子ばっかりだった!肝心の言葉だが、みな日本に長いのかカタコトの日本語が通じるが、ペラペラに話す流暢な子は居なかった。

もちろん、タイ語が少し話せる人は意思疎通しやすいので結構盛り上がると思う!

ペイバー代は言い値でショートで2万円~2万5000円くらい。ロングで3万5000円くらい。

中にはペイバー出来ない子もいるらしいので、ペイバー前提で飲むならあらかじめママさんにペイバー出来る子を聞いといたほうが無難。

ブッダがタイスナックで遊んだ料金

ブッダがスナックで飲んでた子はとかわいい子だったが、ペイバー不可。

だが、飲んでてペイバーしなくても楽しかったので二、三時間一緒に飲んで1万千円。

そこから、違うスナックに入る気がなかったので、キャッチに飲まなくてもペイバー出来る子を紹介してもらって22000円。

泊まっていたリバーサイド上田館にシャワーが無かったため、時間貸しのホテルを利用。

ホテル代は3000円。そのうち500円はホテルから嬢にキャッシュバックされるらしい。

 

ブッダは値切ることなく22000円支払いしたが、もしかしたら2万円くらいまでは交渉出来る気もする。

女の子に聞くと22000円のうち、二万円は女の子、二千円はママに渡るらしい。

そんなこともあり合計で、三万六千円。

ブッダ
ブッダ
安くはないが、個人的にはかなりタイに居る雰囲気で楽しかった!

パタヤと比べるとどうしても高く感じるが、温泉あり、タイの雰囲気も味わえるのでタイロスになっている人にはおすすめのリトルタイランドです