ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
パタヤのホテル

アレカロッジ(Areca Lodge)ホテル徹底解説③『おすすめのプール紹介』【タイ・パタヤ】

アレカロッジホテルの良いところといえば『リゾート感あふれていてプールが最高』っていう日本人が多いのでないだろうか。

いやいや、パタヤでリゾート感溢れてアレカロッジより最高のプールなんていくらでもあるかもしれないが

ブッカオでリゾート感があってプールが広く二つもあって5000円程度で泊まれるホテルはパタヤではアレカロッジホテルくらいしかないのだ!

なので今回はブッダおススメのプールの紹介。

前回の記事でアレカリゾートについては紹介済み。

パタヤに来たならデンダムのマッサマンカレーを食べるべし!【タイ・パタヤ】 パタヤのデンダムはタイ料理の有名店。ブログなどで見ていたが、なかなか行く機会がなかったがこの前のパタヤ旅行でMARCH HOTE...
アレカロッジ(Areca Lodge)ホテル徹底解説②『コロナ棟とIDチェックなしで部屋に行く方法』【タイ・パタヤ】今回も引き続きアレカロッジを紹介。 今回はコロナ棟の部屋の紹介とIDチェックなしで部屋まで行く方法を解説していく。 ...

アレカロッジの2つのプールを紹介!

アレカロッジにはパタヤでも珍しく2つのプールがある。

アレカ棟(正面ロビー)側の小さいプールとコロナ棟とエバーグリーン棟の間にある大きなプールがある。

アレカ棟に宿泊していてもエバーグリーン棟側のプールに行っても問題なし。

もちろんエバーグリーン棟に宿泊していても、アレカ棟側のプールに行っても問題なし。

アレカ棟側の小さいほうのプール

 

アレカ棟側の小さいほうのプールのイメージはファランとタイ人嬢が半日くらいゆっくりしているイメージがあるので、悪くはないがビーチチェアもそこまで多くない。

ブッダがおすすめするのは大きいほうのプール

上から見た大きいほうのプール

 

アレカロッジの大きいほうのプールをおすすめする理由

ブッダがなぜアレカロッジがこんなに日本人に愛されているかのと考えるとやっぱりプールがとても快適だと考えている。

私自身もアレカロッジのプールで昼寝をするのが一番の贅沢な時間の使い方だと思っている。

その理由としては

  • 『プールが広くて、ビーチチェアの数が多い』・・・パタヤあるあるでホテルのプール行くと空きのビーチチェアが満席でプールでゆっくりできなかったっていう心配はアレカロッジではほぼなし。

 

  • プールに南国感があふれていてる』・・・ヤシの木などで南国感あふれていてプールが静か。(うるさい国の人が少ない)

 

 

  • 『プールバーも完備。しかも値段が安い』・・・参考【アイスクリーム55バーツ。アイスカフェ80バーツ。チャンビアー70バーツ】

 

  • プールの水質が綺麗』・・・たまに夜中にポンプで水質の掃除しているため。

 

ブッダのアレカロッジのプールの利用方法

初めてアレカロッジを利用する人向けにプールの利用方法をまとめてみた。

まずはプールバーでバスタオルを借りる。

Blue Oceanにてホテルの部屋番号を記入すればバスタオル二枚まで貸してくれる。

後は自分の好きな場所を陣取るだけ、帰るときにプールバーにバスタオルを返却するだけでOK。

もちもん自分の部屋から飲み物をもっていっても問題なし。

ブッダ
ブッダ
ブッダはいつもキンキンに冷やしたコーラを冷蔵庫から持参スタイル。プールにコーラは最高だ!

 

  • ここで直接注文することも可能だが、スタッフ呼び出しのボタンを貸してもらえるのでバスタオルを貰うときに呼び出しボタンを貰うと便利。
  • 注文した会計はその場で現金で払うことも可能だが、部屋につけで払うことも可能。チェックアウトの時に預けている1000バーツから相殺される。
ブッダ
ブッダ
もちろん制限時間はない。おすすめの過ごし方は、冷たいシェイクを注文してひたすらプールに入る→寝るのルーティーン。

もちろんその場で食事も可能でリーズナブルなのでパタヤでは一番贅沢な時間の過ごしかただとブッダは思っている。ぜひアレカロッジに泊まっているならプールで昼寝を楽しみましょう!