ブッダのパタヤ黄昏ブログ。
パタヤのカフェ

『Benjamit Coffee Roasters』パタヤのコーヒー専門店!タイ産コーヒー豆も販売【タイ・パタヤ】

最近、ブッダのマイブームと聞かれると必ず、豆からコーヒーを淹れる事。

一度、豆からコーヒーを淹れるとインスタントでは味が全然違うし物足りなくなってしまうのだ。

ブッダ
ブッダ
砂糖・ミルクは必ず入れる初心者だけどね!

で、調べてみるとタイでもチェンマイのほうでコーヒー豆の栽培がされており、パタヤでもコーヒー豆が買える場所を見つけたので紹介!

お店の名前は『Benjamit Coffee Roasters』

ここのお店はコーヒー初心者のブッダでも分かる本格的コーヒーと自家焙煎されたコーヒー豆の販売。

カフェなのに食べ物はマフィンくらいしか販売しておらず、コーヒーだけで勝負していることろに少し感動すら覚えた。

コーヒーが好きなら行くべき名店。しかし、店内はファランで大渋滞しているので注意。

 

Benjamit Coffee Roastersの場所

場所はブッカオ火金市場の近く。初めてソウテウで行くならブッカオ火金市場で降りて、ブッカオ火金市場の中を抜けていくのが分かりやすい。

ブッダは少し迷ったので、この看板がお店なのでこれを探しましょう。

 

 

Benjamit Coffee Roastersのメニューと営業時間

営業時間は8時~18時

メニューはシンプル。基本的にはコーヒーといった飲み物のみ。

ブッダ訪問時はマフィンが少し置いてただけで食事をしたいなら軽食くらいしかない。なので食事したいなら違うとこで食べてきたほうが良さそう。

 

アイス・ホットコーヒーとマフィンを注文!

今回はIced Coffee(60バーツ) Hot Coffee(50バーツ) マフィン55バーツを注文。

 

ブッダ
ブッダ
アイスコーヒーは美味いのは言うまでもないが、マフィンも熱々でレベル高し!!!

そして、大本命のホットコーヒー。

 

ブッダ
ブッダ
感想は・・・文句なしの美味さ!!!

コーヒー豆も購入してみた!

食べ終わった後は、ネットの情報から自家焙煎しているタイ産のコーヒー豆が購入できると知っていたので自分用のお土産で購入してみた。

種類はこんな感じ

 

今回ブッダが購入した豆は二つ。

タイ産アラビカ種250g(140バーツ)

Premium Blend250g(250バーツ)

ブッダ
ブッダ
この日は2020年1月3日なので焙煎日が1月1日と1月2日なので焙煎したて。これはいいね!

 

後日、Premium Blendを開封。こんな感じ。

 

Premium Blendは自分で淹れてもかなり美味いコーヒー豆で最近では一番のお気に入り。

これでまたパタヤの楽しみが一つ増えた。

ブッダ
ブッダ
ファランで激込みなんで、もう少し暇な店だったらいいのにな~またコーヒー豆を買いに行くか!